今年の「ラ・フォル・ジュルネ」に期待すること2010-02-21

今年の「ラ・フォル・ジュルネ」、メインはショパン。単調なプログラムにならないように、主催者もいろいろ考えていると思います。私も、こんなプログラムなら行ってもいいかも、という企画を考えてみました。

  1. 辻井伸行か小林愛実が出る。
    辻井くんに群がるおばさま方もすごそうだけど、YouTube400万ビューをもたらした少女ピアニストのファンにも、独特の香りを放つ一団がいそうです。もし私の想像が間違ってないなら、開演前の禁止事項のアナウンスには「録音」や「撮影」のほかに「ライヴストリーミング」や「ツイート」も入れたほうがいいと思う。もちろんiPhoneは持ち込み禁止で。
  2. スタインウェイ以外のピアノが聴ける。
    プレイエルやエラールなどのヒストリカル楽器は、もう珍しいものではないし、当然登場すると思う。なにしろ小林愛実も弾いたくらいだから(ワルシャワの音楽祭に招かれてプレイエルでブリュッヘンと共演。こんな14歳が日本にいるとは驚き)。あとは、ショパンコンクールにも導入されるファツィオリを生で聴きたい。
  3. ショパンにちなんだ後世の作品が聴ける。
    ぜひとも生で聴いて(観て)みたいのは、ゴドフスキが編曲した練習曲。ただでさえ難しいエチュードをさらに難しくアレンジした、いわゆる「体育会系バカテク」の最高峰。全曲とはいわないので、誰か挑戦してくれないかな。
    ほかには、映画『櫻の園』(古い方)で全編にわたって使用された、モンポウの《ショパンの主題による変奏曲》。CMでおなじみの前奏曲第7番(胃腸薬だからイ長調が選ばれた、というのは本当ですか?)が、ショパンっぽいスタイルとモンポウらしい響きが絶妙にブレンドされて変奏される。途中で別の作品の超有名な旋律が引用されるのも印象的。ありがとう、いい曲です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://shinsho.asablo.jp/blog/2010/02/21/4896180/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。