モーション・トリオ&マイケル・ナイマン2010-05-01

ポーランドのアコーディオン三重奏団、モーション・トリオがマイケル・ナイマンの映画音楽を演奏しているCD(ナイマンのレーベル、MN Recordsからリリース)。アコーディオンでナイマン、というので、パスカル・コムラードみたいな、ちょっとかわいい感じになってるのかな…なんて先入観をもって聴きはじめたら、がっつり裏切られました。

1曲目《In Re Don Giovanni》は、マイケル・ナイマン・バンドのライヴでもオープニングで演奏される、べらぼうにテンポの速い曲(ふつうのオーケストラでいうと、グリンカの《ルスランとリュドミラ序曲》みたいなもの)。これを、バンドとほとんど同じ速度で、ほとんどアコーディオンだけでやってしまうのだからすごい。

以降の曲でも、タイトなリズムと、さまざまにニュアンスを変える音色で、アコーディオンに対するなんとなくゆるいイメージをあっさりぬりかえてしまう。知らずに聴いたらコンピュータの力を借りているとしか思えないだろう。演奏者のほうもそれはわかっているようで、わざわざジャケットに "This is 100% acoustic recording with no electronic effect of any kind." とただし書きがある。

6曲目の《If》は、日本のアニメ映画『アンネの日記』より(原曲は歌曲)。アニメの方はすっかり忘れ去られているけど、この曲は8曲目の《楽しみを希う心》(『ピアノ・レッスン』)なみに人気がある(フレットワークが坂本龍一のcommmonsレーベルから出したアルバム『ザ・シルケン・テント』にも収録されている)。ポーランドのミュージシャンとしては、やはりはずせない曲ということか。

アコーディオンによく似合う悲しい旋律の余韻を、振り切るようにして、景気よく《羊飼いにまかせとけ》(『英国式庭園殺人事件』)が始まるところが、私がこのアルバムでいちばん好きな瞬間。

モーション・トリオ、来日してます。2日の夜、ラ・フォル・ジュルネに出ます。ポーランドつながりってことでショパンの作品がメインですが、ほかのコンサートとはまったくちがうノリになることでしょう。もちろん行きますよ。