『チェイス〜国税査察官〜』第4回「復讐」2010-05-08

傑作『外事警察』から半年も経っていないのに、NHK土曜ドラマってすごいね。大がかりな設定や海外ロケばかりに目がいきがちだけど、話の作りこみかたがものすごく緻密で、毎回「そうつながるか!」とうならされてしまう。『東京ラブストーリー』の坂元裕二脚本ってどうなの、とナメてかかってた自分を猛反省しております。

主演はいちおう江口洋介だけど、えぐっさんよりARATAの存在感が強烈。これも傑作だった『リミット 刑事の現場2』の犯人役を上回る怪演。『ハゲタカ』的なハードなシーンとベタなメロドラマ的シーンとで見せる、演技の幅がすばらしい。

硬軟両極端、ということでは、音楽に菊地成孔を起用したのも大正解だと思う。エンディングの、夏木マリがオカマになったようなヴォーカル(歌を披露したのは初めて?)の病んだ感じも素敵。

今日の第4話では、いつにも増して重いシーンが続く中、斎藤工演じる若社長を紹介する雑誌記事のタイトルが「オトコマエ社長」…こういう地味な小ネタもNHKらしくて好きだな。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://shinsho.asablo.jp/blog/2010/05/08/5074069/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。